トップお知らせBCG(結核)予防接種について

BCG(結核)予防接種について

結核とは

 結核は、結核菌によって発生するわが国の主要な感染症の一つです。毎年新たに1万5000人以上の患者が発生しており、世界的にみても日本はまだ結核の低まん延国ではありません。
いわゆる空気感染を起こし、一般的には肺の内部で増えて、咳、痰、呼吸困難等の症状を呈することが多いですが、肺以外の腎臓、骨、脳など身体のあらゆる部分に影響を及ぼすことがあります。特に、小児では症状が現れにくく、全身に及ぶ重篤な結核につながりやすいため、注意が必要です。

 

ワクチンの効果

 結核菌の感染を予防するための予防接種です。
生後1歳までのBCGワクチン接種により、小児の結核の発症を52~74%程度、重篤な髄膜炎や全身性の結核に関しては64~78%程度罹患リスクを減らすことができると報告されています。

 

対象者


1歳に至るまでの間にある者
標準的な接種期間は、生後5ヶ月に達した時から生後8ヶ月に達するまでの期間

 

接種回数・接種間隔

 

〔1歳に至るまでの間にある者〕
1回 生後5ヶ月に達した時から接種を勧める

 

予防接種費用


無料(定期接種期間内の場合)

 

予防接種実施医療機関

下記をご参照ください
予防接種のできる病院

 

出典:厚生労働省ホームページ 
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html

 

カテゴリー

このページの
先頭へ