HOME記事新型コロナワクチン接種証明書のデジタル化について

新型コロナワクチン接種証明書のデジタル化について

 新型コロナワクチン接種証明書のデジタル化が開始されます。

 これまで、海外渡航をする方向けのものとして、入国時に新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(紙面)を発行してきました。検疫として当該証明を提示することにより、一部の国等で防疫措置の免除または緩和を受けることが可能です。

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html

 

 この度、令和3年12月20日(月)をもって当該証明書は「デジタル化」が始まりました。申請にはスマートフォンやマイナンバーカードが必要で、専用アプリ内に証明書が発行されます。また、海外用の証明に加え、日本国内用の証明も可能となります。

マイナンバーカードで、新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)が取得できるようになります (PDF 331KB)

 

 ただし、日本国内用については、これまでどおり「予防接種済証」や「予防接種記録書」による予防接種を受けたことの証明でも活用可能です。

 引き続き、紙面による交付(発行)も行っていますので、保健センターへ申請ください。(不必要な申請はご遠慮ください。)

ワクチン接種証明書(紙)が新しくなります (PDF 622KB) 

 

[接種証明書(電子版)に必要なもの] 

 ①スマートフォン(iOS 13.7以降もしくはAndroid OS8.0以降)

 ②マイナンバーカード 及び 券面事項入力補助用暗証番号(カード受け取りの際に設定した4桁の数字)

 ③専用アプリのダウンロード(接種証明書アプリは、12月20日からApp Store及びGoogle Playで公開する予定)

 ④(海外用のみ)パスポート

 

アプリについての詳細は、デジタル庁のホームページをご確認ください。

https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert

 

[電子申請による自動交付システムの流れ] 

 ①スマートフォンに専用アプリをダウンロードする

 ②マイナンバーカード(と旅券)を読み取り、暗証番号を入力する

  ↓マイナンバーを使って接種記録が照会されます

 ③アプリ内に証明書が交付される

 

自動交付できない人の例

・マイナンバーカードを持たない人

・スマートフォン持たない人 ※マイナンバーカードを読み取り可能なデバイスであること。

・旅券に旧姓・別姓・別名の併記がある人  など

 

【Q&A】

Q1「アプリをダウンロードすることができません。」

⇒マイナンバーカードの読み取り可能な機種でない場合は、ダウンロードすることができない仕様です。

 

Q2「家族の証明を代理取得することは可能?」

⇒本人または法定代理人しか保有し得ないマイナンバーカード又は暗証番号による本人確認を行うとともに、アプリの利用規約で法定代理人に限られる点を誓約することになります。

法定代理人にあたる「親権者」「未成年後見人」「成年後見人」にあたる方は代理取得が可能です。

 

Q3「接種証明書(電子版)が正しく発行されません。どうして?」

⇒当該証明はVRSというシステムに登録された接種情報をもとに自動交付されます。那賀町の住民の方が接種をすると接種会場から接種費用の請求とともに接種情報(予診票)が送付されますが、請求処理が遅れていることもあります。この場合、接種データが未登録であったり、登録データが正しいものか確認することができません。

証明が発行された方も、接種情報に誤りがないかご確認ください。

 

Q4「氏名等に変更があります。証明が変更前の情報で発行されるのは、どうして?」

⇒証明はマイナンバーカードの情報をもとに発行されます。氏名の変更がある場合は、住民課(本庁)で記載事項の変更を届出してください。

 

Q5「氏名に外字を使っています。証明にはどのように表記されますか?」

⇒外字で電子証明は対応できません。マイナンバーカードに設定されている代替文字で証明が発行されます。一部の表示がない等の不備がある場合は、保健センターへお電話ください。

 

 

マイナンバーの取得方法については、住民課までお問い合わせください。

 住民課 地域振興室:受付時間平日8:30~17:15 Tel:0884-62-1194

 

カテゴリー

お問い合わせ

保健医療福祉課 保健センター

那賀町保健センター 新型コロナウイルス感染症対策室

電話:
0884-62-3892

くらしのガイド

このページの先頭へ