HOME記事設置は義務です!住宅用火災警報器

設置は義務です!住宅用火災警報器

取り付けましたか?住宅用火災警報器

「まさか!」の火事。

火災警報器で助かる命があります。

火災は決して他人事ではなく、どこの家庭にでも起こりうることです。

万が一の時でも、火災警報器があればいちはやく火災を知らせてくれます。

どこに取り付けたらいいの?

取り付けが義務つけられている所→寝室・階段

取り付けをおすすめする所→台所・全ての居室

警報が鳴ったら?

万が一警報が鳴った時の正しい対処方法を知っておきましょう。

1.火災の時

119番通報しましょう。可能なら初期消火を・・・

・大きな声で知らせましょう。

・避難しましょう。

2.火災でない時

・火災でないのに火災警報器が鳴る場合があります。警報停止ボタンを押すか、ひき紐を引いて警報を止めてください。

※調理時の煙や湯気、ホコリや小さな虫、くん煙式殺虫剤など

3.電池切れの時

・電池切れ警報が鳴ったら電池を新しいものに交換してください。

※火災警報器は最大10年を目安に交換することをおすすめします。

カテゴリー

くらしのガイド

このページの先頭へ