HOME記事(定期予防接種)高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について

(定期予防接種)高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について

 平成26(2014)年10月1日から、高齢者の肺炎球菌感染症予防接種(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)が定期接種となりました。原則、65歳の方が対象ですが、平成30年度までの経過措置として、70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳の方も定期接種の対象として実施していました。
このたび、平成31(2019)年度から令和5(2024)年度までの5年間、1回も予防接種をされたことがない方への機会を提供するため経過措置が延長されることが決定されました。【平成31(2019)年3月】

肺炎球菌感染症とは


 肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。

 

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について


 肺炎球菌には 93 種類の血清型があり、平成26年10月からの定期接種で使用される「ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」は、そのうちの23種類の血清型に効果があります。また、この23種類の血清型は成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の64%を占めるという研究結果があります。
 (病原微生物検出情報IASR2018年7月号 「成人侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)症例の臨床像の特徴と原因菌の血清型分布の解析」を参照)

 

副反応について


 肺炎球菌感染症で比較的多くみられる副反応には、接種した場所(局所)の赤み(発赤)、はれ(腫脹)、痛み(疼痛)等が挙げられます。接種を受けられた方の5%以上にみられます。
全身性の反応としては、倦怠感、違和感、悪寒、発熱や筋肉痛などが見られます。接種を受けられた方の1~5%に起こります。稀に報告される重い副反応としては、アナフィラキシー様反応、血小板減少、ギランバレー症候群、蜂巣炎様反応等が報告されています。
 接種後30分間は接種した医療機関内で安静にしてください。また、帰宅後に異常が認められた場合には、速やかに医師に連絡してください。

 

対象者

 

(1)那賀町に住所があり下記の対象者に該当する者

※今まで、高齢者の肺炎球菌感染症予防接種をしたことがない方に限る。
65歳 昭和30年4月2日~昭和31年4月1日生まれの方
70歳 昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生まれの方
75歳 昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生まれの方
80歳 昭和15年4月2日~昭和16年4月1日生まれの方
85歳 昭和10年4月2日~昭和11年4月1日生まれの方
90歳 昭和 5年4月2日~昭和 6年4月1日生まれの方
95歳 大正14年4月2日~大正15年4月1日生まれの方
100歳 大正9年4月2日~大正10年4月1日生まれの方

(2) 那賀町に住所があり、60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者(身体障害者手帳1級を所持している者又は1級相当の者)

 

接種期間


令和2年4月1日~令和3年3月31日

 

接種回数


1回(今まで、高齢者の肺炎球菌感染症予防接種をしたことがない方に限る)

 

接種費用

 

自己負担金:4,000円(生活保護世帯に属する人は免除)

 

持参物

(1)高齢者定期肺炎球菌感染症の予防接種について(お知らせ)の用紙

(2)予診票(紫色の紙)

(3)健康保険証

(4)接種費用:4,000円

(5)すこやか手帳

すこやか手帳とは?

予防接種をいつしたのかを記録するものです。65歳以上(年度内で65歳になる)の方に発行しています。

発行は住民課・各支所窓口で行っています。初回発行は無料で、再発行は200円かかります。

 

接種場所(委託医療機関)


 ※予診票は4月下旬頃に個人通知いたします。予診票をなくされた場合は再交付用の予診票を那賀町内委託医療機関に設置していますので使用してください。
 ※予防接種を希望する場合は、接種する医療機関に予約をして、健康保険証、すこやか手帳(町外で予防接種をする場合は不要)を必ず持参し、医療機関の窓口に提示してください。
 ※予防接種の前には、医師の十分な説明を聞いて、高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について理解した上で、接種を受けるかどうか判断をしてください。

 

1.那賀町内委託医療機関

 ※再交付用の予診票は各委託医療機関に設置しています。

※必ず、予約をしてください。
医療機関名 電話番号 医療機関名 電話番号
わだ内科 0884-62-3311 山本医院 0884-62-3577
日野谷診療所 0884-62-0073 上那賀病院 0884-66-0211
木頭診療所 0884-68-2102  木沢診療所 0884-65-2409
北川診療所 0884-69-2201    

2.那賀町外委託医療機関(徳島県内)

 予防接種を実施しているかどうか確認が必要ですので、那賀町外委託医療機関で予防接種を希望される方は、保健センターまでご連絡ください。

 

3. 委託医療機関以外(徳島県外)


 那賀町に住民票がある方が、施設入所などの理由により徳島県外の医療機関で定期予防接種を受ける場合は、接種をする前に、那賀町から接種を依頼する接種医療機関への申請が必要です。下記専用様式をダウンロードし、必要事項を記載の上、保健センターまで申請してください。なお、那賀町から接種費用の助成はありませんのでご了承ください。

徳島県外用専用様式:B類)依頼書申請.xlsx (XLSX 32.8KB)

 

ご不明な点等がありましたら、お気軽に保健センターまでお問い合わせください。

 

出典:厚生労働省ホームページ 
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html
 

カテゴリー

くらしのガイド

このページの先頭へ