HOMEもんてこい丹生谷ミュージカル「もんてこい」

ミュージカル「もんてこい」

ミュージカルの紹介

都会に出て行ってしまった息子たちをなんとか引き戻したい家族のいきさつを、過疎の現状を縦糸に、親子の絆を横糸に、歌と踊りで繰り広げる30分のミュージカル。
地元小学校の生徒も出演します。

ミュージカル「もんてこい」
場面その1
今岡 「実は、主人が生まれたんは大阪いうても田舎の方でしてな。小さいときは牛で田んぼひっきょったらしいて。ほれが、市の都市計画で、土地売れ言われたと思たらあっという間にヒ゛ルが立ち並んでしもて。親も死にしたら、ふるさとはないようなもんですわ」
柚子 「ええ・・ほうだったん」
今岡 「ええかげんからあちこち田舎をみてまわりよって、熊野・信州とほれからここと最終この3つの中で決めよう思たんです」
柚子 「どれも山があって空気がきれーておいしい水の所やなぁでもなんでここに決めたん?」
今岡 「そやなぁ、人の温かさやろか。ここだけでしてん空き屋まで役場の人が案内してくれたんわ。よそは皆「はいここ」て地図だけ渡されておわり。ほれに見にいた時に隣の人が来てくれて、「まあ上がっていき」ゆうてお茶までよばれて。こんな所はあらしまへんでしたわ」
柚子 「住んどるもんは格別なことや思てないけどなぁ」
今岡 「こんな人のええ所は他にありまへんで」
場面その2
柚子 「大学で恋愛してそのまま。私はね、反対したんよ、跡取りやけん県内にずっとおってくれって。でも「大学くらいは好きな所にいかせてやれ」って、この人が言うから」(夫をうらめしそうに見る)
球雄 「若いうちは、したいことさしたらなあかん!」
柚子 「ほれに、卒業の時にもんてこいって何度も言うたけど、こっちにいい就職先がなかって。また、その時もこの人が「井の中の蛙ではしょーない。ワシを追い越すだけのことやってから戻ってこい」なんて偉そうなこと言って、けしかけたけん…」
球雄 「東京の大学出たもんが戻ってきたことあるか?どの家見てもみな戻っとらんでないか」
今岡 「まあまあ、私らよそから来た者でも、ここが気に入ったんで子供らも引っ張ってこよう思うとんです。檜山はんの息子さんは、ここで生まれ育ったんやから、ゆくゆくは戻ってきはるんでない?」
柚子 「息子の球児はともかく嫁さんはねぇ…」
今岡 「なんで、もんてこいってはっきり言わはれへんの」
柚子 「ええっ・・・ほなって、いまさら、なあ、お父さん」
球雄 「おお…」
今岡 「なに遠慮してはるん。こんなええとこやのに。もったいないやないの」
関川 「そうですよね!今岡さん。僕たち、もっと那賀町に自信持っていいですよね」

もんてこい劇(序盤) もんてこい劇 もんてこい劇(子ども合唱) もんてこい劇(子ども) もんてこい劇(中盤) もんてこい劇(終盤)

♪もんてこい♪ テーマソング

1.おまえは旅立ち 俺はここに残った
山はうつろい 風が季節をはこぶ
季節が何度めぐっても 何もかわらず
時がよみがえるように

※1 かならず俺たち ここで守っているから
もんてこい このふるさとに

2.まぶたをとじれば ふわりうかんでくる
幼い日々の わが家のあの幸せ
遠くに去った今も こころのなかに
いつもある ふるさと

※2 いつか帰りたい あのぬくもりの中に
きっともどる いのちのふるさと

どんなに時がたっても 忘れはしない
生まれ育ったふるさとを

※2 くりかえし
※1 くりかえし

くらしのガイド

このページの先頭へ