HOME行政・まちづくり相談・窓口住民基本台帳カードの交付について

住民基本台帳カードの交付について

申請できるのは那賀町に住民登録されている方です。
住民基本台帳カード(以下「住基カード」)の申請は代理人でもおこなえますが、住基カードのお受け取りはご本人でないとできません。
写真付きのカードと、写真なしのカードの2種類から選ぶことができ、写真付きのカードを希望された場合には、公的な身分証明証としても利用できます。
また、電子申請をする際に必要になる電子証明書(公的個人認証サービス)を記録することもできます(別に料金が必要です)。

申請時には・・・

本人による申請

役場窓口で申請して下さい。
後日、本人確認のためご住所に「交付申請照会書」を郵送します。

注釈:15歳未満、成年被後見人の方は法定代理人が申請して下さい。
15歳以上20歳未満の方は本人または法定代理人のどちらでも申請できます。
法定代理人とは:法律の規定により代理人となった者をいう。20歳未満の親権者(父母等)、成年被後見人の後見人。

代理人による申請

役場窓口で申請して下さい。
後日、本人の意思確認をさせていただくため、申請する本人のご住所に「交付申請照会書」を郵送します。

申請窓口

役場住民課及び各支所

申請に必要なもの

  1. 住民基本台帳カード交付申請書(下記よりダウンロードください。)
  2. 本人確認資料(運転免許証等)
    ※1点の写しで良いもの《運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(写真付)、外国人登録証明書、官公署発行の身分証明書(写真付)》
    ※上記証明書等が無い場合は、A+A A+Bの組合せで2点以上の添付をお願いします。
    • 2点以上の写しが必要なもの A 《国民健康保険証、健康保険証、共済組合証、介護保険証、年金手帳、国民年金証書、厚生年金証書、住民基本台帳カード(写真なし)、後期高齢者医療被保険者証、生活保護受給者証》
    • 2点以上の写しが必要なもの B 《学生証(写真付)、法人の身分証明書(写真付)、官公署発行の資格証明書(写真付)、預金通帳、キャッシュカード、クレジットカード、診察券、バス券、公共料金領収書(3月以内)、官公署からの通知書(住所、氏名の記載あるもの)》
  3. 写真つきカードをご希望の方は顔写真(写真の規格は以下に記載のとおり)
  4. 交付料金500円

交付時には・・・

交付通知書兼照会書が届いたら

照会書は申請時より1週間~10日でお届けしますので、必ずご本人がお越しください。
(申請者が15歳未満、成年被後見人の場合は、法定代理人の方とともに申請者ご本人も一緒にお越しください。その際は、法定代理人の方の身分を証明できる運転免許証、パスポートなどと法定代理人の資格を証明できる戸籍謄抄本などをお持ちください。)

窓口に持ってきていただくもの

  1. 交付通知書兼照会書
  2. 印鑑(認め印)
  3. 申請時と同内容の本人確認資料

※交付通知書兼照会書に記載されている受取期限までに住基カードを受け取りにきて下さい。受取期間を過ぎますと、申請が無効になります。

暗証番号設定

暗証番号設定がありますので、4桁の数字を決めておいて下さい。(生年月日、電話番号、車のナンバー等は、事故防止のためお避け下さい。)
暗証番号は、申請者ご本人に入力していただきます。あらかじめ考えておいて下さい。

写真付き住基カードを希望される方へ・・・

写真付きの住基カードを希望される方は、顔写真をご用意ください。なお、写真はお返しできません。

住基カード写真の規格

  • 申請者本人のみが撮影されたもの
  • 6ヶ月以内に撮影されたもの
  • 写真の大きさは、たて4.5cm、よこ3.5cm
  • 無帽、正面、無背景、肩口まで映っているもの
  • デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切であること

※写真サイズ等詳細は外務省のホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_photo.html)を参照してください。

カテゴリー

くらしのガイド

このページの先頭へ