町長のご挨拶

町長写真

新年明けましておめでとうございます。

 

  新春を、ご家族お揃いでお迎えのことと、お慶び申し上げます。


旧年中は格別のご理解とお力添えを賜り、心より厚く感謝を申し上げます。

 

 昨年も熊本・鳥取地震及び東北・北海道の台風被害と災害の多い年でありました。

那賀町にとりましては幸い台風被害も少なく安堵したところでありますが、気候変動が激しい昨今、

常に被害想定時を認識して於かねばなりません。

平成26年・27年の豪雨に対応した床上浸水対策特別緊急事業は、昨年11月13日起工式を執り行ない、

早期完成を目指して工事を進めております。

これ一重に地権者の皆様方を始め町民皆様のご理解とご協力の賜と心より感謝を申し上げます。

又、移転対象者の皆様を含め、まだまだ課題・問題点に於いて対応し切れていない点が多々ございますが、

最善を尽くして参りますので、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。


 「那賀町まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」もいよいよ目標達成に向けて実行段階に入ります。

林業再生につきましては、吉野地区にて計画しておりますセンターを拠点に森林組合及び各事業体に対し、

需要先への直送等により、安定供給と価格交渉を含めて搬出・流通コスト削減に対応していただく協議会を開催し、

検討をしていただいております。

又、農業振興における木頭ゆずの一層ブランド化を図るためには、

JA等関係機関と連携を密にし、海外展開を含め、販路の拡大を図って参ります。

尚、株式会社メディアドゥ藤田社長の構想につきましては、

事業費・事業規模・年次計画などを含めた事業計画の検討をしていただいております。


 若者の住宅・子育て等、条件整備においても早急な対応を実施し定住者の確保策を図って参ります。
国・県を含めて、那賀町もより厳しい財政状況が想定されますが、

皆さんにご理解・ご協力いただきました基金等も有効に活用させていただき

若い世代から高齢者まで安心して暮らせる町づくりに努めて参りますので、

一層のご支援・ご指導を賜りますようお願い申し上げます。


 結びといたしまして、今年も災害の無い良い年になることを心からご祈念申し上げ、

皆様のご健康とご多幸をお祈りし新年のご挨拶といたします。

 

平成29年1月1日 

 那賀町長 坂口 博文