トップお知らせ新生児聴覚検査

新生児聴覚検査

生まれてくる赤ちゃんの 1,000人に1~2人に聴覚障がいがあるといわれています。早期に、聴覚障がいを発見し、必要な療育を受けるなどの対応によって、ことばによるコミュニケーション障がいが軽減されると言われています。

那賀町では、出産後すべての赤ちゃんが聴覚検査を受けられるように、助成を行っています。出産後入院中(出生後28日以内)に検査をされた検査費用について、上限 6,000円助成をしますので、検査後3カ月以内に申請してください。

必要なもの

母子健康手帳、聴力検査の記載のある領収書、印鑑、検査結果、通帳等振込先口座番号がわかるもの

申請先

保健センター、すこやか子育て課又は各支所住民窓口

カテゴリー

このページの
先頭へ