トップ記事山の仕事が海の環境を守ることにもつながっているんです。

山の仕事が海の環境を守ることにもつながっているんです。

高木健多さん

海岸の漂着物を集めて環境問題について考える「ビーチコーミング」に参加したことが、上流域について考えるきっかけでした。
海の町で育ち、それまで林業とは無縁でしたが、色々と調べるうちに、山の仕事をすることが海の環境を守ることにもつながっているんだと気づかされました。山から海まで水が循環する地球上で生きているんだと。
地球で暮らす唯一無二の考え行動できる人間として、短い人生の中で、今の僕にできることをやりたいと思いました。
人間は動物社会から飛び出し、現代人間社会を作り出す過程で、様々なモノを犠牲にしてきました。僕はもう一度動物社会時代を見直し、ハイブリッドさせることが必要なんじゃないかと思うんです。

それを可能にするのは林業しかない。そう思っています。

那賀町での暮らしは、様々なことに気づかせてくれます。今まで考えたことも無いようなことを考え、感じたことの無いような感情になる。一生懸命に生きることの喜びを与えてくれる。
那賀町は僕にとって、そんな場所なんです。

高木健多さん(34歳/平成29年3月現在)

鳴門市出身。県内や海外で自動車関連の仕事を経て平成24年、那賀町の建設・林業会社に就職。那賀町林業従事者会「山武者」の一員として、林業の魅力を伝える活動を展開中。

カテゴリー

インタビュー新着

ナカの仕事

  • 那賀の農業

    那賀の農業 那賀町の農業は稲作を中心に、ゆず、すだちなどの果樹、おもと、ケイトウなどの花き類、晩茶、イチゴなど地域の気候や土壌に合わせた様々な作物が生産されています。全国第2位の生産量を誇る徳島県産ゆずの中でも木頭ゆずは市場で高い評価...

  • 那賀の林業

    那賀の林業 町有面積の9割以上が森林である那賀町では、古くから杉を主体とした林業生産活動が盛んでしたが、外材輸入などで木材価格は低迷し長らく停滞を続けていました。 そこで町では豊富な森林資源を活用した地域振興を行うため「那賀町林業マス...

  • 那賀町地域おこし協力隊

    まちに活を吹き込む那賀町地域おこし協力隊 個性豊かでユニークな活動を展開 移住の1つの手段として地域おこし協力隊の制度の活用も考えられます。地域おこし協力隊は、地方自治体が地域外の人材を受け入れ(最長3年間)、地域協力活動を行いながら...

このページの
先頭へ