トップ記事《交渉中》空き家 No.2-1【相生】 売買

《交渉中》空き家 No.2-1【相生】 売買

  • 坂口邸 交渉中.png
    外観
  • __.JPG
    駐車場
  • P1030780.JPG
    倉庫&作業スペース
  • P1030773.JPG
    台所
  • __.JPG
    風呂
  • ___.JPG
    トイレ
  • P1030768.JPG
    和室
  • _____.JPG
    洋室

 

 

那賀町空屋情報
空き屋番号 2-1
貸し・売り区分 売り
価格 600万円
所在地 那賀町谷内
入居に際し優先される条件 特に無し
特徴 日当たり良好・静か 見晴らし良し
交通 町営バス 谷内バス停 徒歩1分
土地面積 323㎡
地目 宅地
地勢 静かで山の近くの土地
建築面積 143.11㎡ ほかに倉庫
部屋数 7部屋
構造 木造2階建て
築年 築 約37年
風呂 灯油
車庫
電話 引込可(NTT ケーブルテレビIP電話) 
ガス プロパンガス
電気 四国電力
水道 簡易水道
トイレ 水洗 (和式・洋式)
医療機関 車で15分
最寄りコンビニ 車で15分(鷲敷)
道路状況

県道竹ケ谷鷲敷線(291号線)沿い

菜園・庭
その他

大家族でも大丈夫な広い間取りの家。

鷲敷、相生の中心地へも10分ほどで行ける便利な場所です。

別棟、コンクリート土間と和室からなる広い作業スペースもあります。

ほとんど修繕の必要無く居住することができます。

間取りはこちらで確認できます。

1階 2-1 1F.JPG (JPG 217KB)  2階 2-1 2F.JPG (JPG 106KB

問い合わせ先 那賀町移住交流支援センター 0884-62-1184

 

カテゴリー

インタビュー新着

  • 出張授業 ~堺市立金岡南小学校~

    世界遺産 百舌鳥・古市古墳群で盛り上がっている、堺市。 そんな堺市立金岡南小学校 阿部先生から出張授業のお誘いをいただいたのはまだあたたかな小春日和のころ。 何度も何度も打ち合わせを重ね、この度、出張授業へ行ってきました。 5年生 5...

  • IKEBANA!!!

    Hola!サラです。 今日12月20日は萬福寺さん( http://enmeizan.com/ )で生け花教室でした。 今回の花材は相生名産の「おもと(万年青)」です。 サラさんが移住体験をしている相生地区は西日本一のおもと生産量を誇...

  • Hola!今日は木頭ゆず収穫!

    Hola! 那賀町おためし移住をしている、サラさんです。 今日12月19日は那賀町地域おこし協力隊の海老名さんと江頭さんに誘われて 木頭ゆず収穫のお手伝い。 (木頭ゆずは徳島県那賀町の名産で、名前にもある通り木頭地区がもっとも有名です...

  • Hola!スペインからこんにちは!~おためし移住~

    Hola!スペインからこんにちは!~おためし移住~ 「日本のことが大好きで、いつか日本に住みたい!」小さいころからそう思っていました。 きっかけは幼いころTVでみた日本のアニメでした。 スペインでは「となりのトトロ」「キャプテン翼」「...

  • 山の仕事が海の環境を守ることにもつながっているんです。

    海岸の漂着物を集めて環境問題について考える「ビーチコーミング」に参加したことが、上流域について考えるきっかけでした。 海の町で育ち、それまで林業とは無縁でしたが、色々と調べるうちに、山の仕事をすることが海の環境を守ることにもつながって...

  • 受け継がれていく地域、農地を守っていきます。

    以前は東京の写真スタジオで働いていて、父親の病気をきっかけに、那賀町には1年くらい農業を手伝う気持ちで帰ってきました。 東京での仕事は朝晩関係なく、不規則な生活が続いていましたが、那賀町での仕事は早朝から暗くなるまで。農作業が終われば...

ナカの仕事

  • 那賀の農業

    那賀の農業 那賀町の農業は稲作を中心に、ゆず、すだちなどの果樹、おもと、ケイトウなどの花き類、晩茶、イチゴなど地域の気候や土壌に合わせた様々な作物が生産されています。全国第2位の生産量を誇る徳島県産ゆずの中でも木頭ゆずは市場で高い評価...

  • 那賀の林業

    那賀の林業 町有面積の9割以上が森林である那賀町では、古くから杉を主体とした林業生産活動が盛んでしたが、外材輸入などで木材価格は低迷し長らく停滞を続けていました。 そこで町では豊富な森林資源を活用した地域振興を行うため「那賀町林業マス...

  • 那賀町地域おこし協力隊

    まちに活を吹き込む那賀町地域おこし協力隊 個性豊かでユニークな活動を展開 移住の1つの手段として地域おこし協力隊の制度の活用も考えられます。地域おこし協力隊は、地方自治体が地域外の人材を受け入れ(最長3年間)、地域協力活動を行いながら...

このページの
先頭へ