那賀町で子育て

結婚から子育てまでトータルにサポートします

那賀町では婚活の支援から、出産祝い金の加算制度、乳幼児医療費助成の拡大、さらに奨学金制度の充実など各世代に応じて幅広い支援を行っています。

結婚

縁むすびの会

那賀町の出会いを支える縁結びの会がサポートします。年間を通じて交流イベントや無料相談会を開催しています。

結婚祝い金

那賀町居住者の結婚を祝福。一律2万円を交付します。

妊娠

不妊治療費助成事業

不妊治療を受けられた夫婦に治療費を助成。(年度10万円を限度に)

保健師による妊婦訪問

妊娠中の不安や悩みを保健師にご相談ください。ご家庭に保健師が訪問します。

妊婦健康診査受診票の交付

母子手帳と同時にお渡しする妊婦検診の受診券です。

出産

新生児聴力検査

出産後、入院中の聴力検査に要した費用について上限6000円を助成します。

出産祝い金

那賀町に住民登録があり、かつ生活の本拠地がある方が出産し、届出をした後、申請により2万円が支給されます。さらに出産からの経過年数、人数に応じて加算金が支給されます。(最大120万円/4人目以降15年居住の場合の合計額)

児童手当

0歳〜15歳に達した年度末までの子どもを養育している方に年齢に応じ支給されます。

こんにちは赤ちゃん事業

赤ちゃんが生まれたご家庭に保健師が訪問します。育児のこと、産後の身体や授乳のこと何でもご相談ください。赤ちゃんの体重測定も行います。


こどもはぐくみ医療

那賀町では医療費の助成対象年齢を拡大しています。どの世帯のお子さんでも高校3年生(18歳に達する日以降の最初の3月31日まで)までは保険適用分医療費の自己負担分を助成します。入院時の食事療養費も申請により助成されます。


乳幼児

乳児一般健康検査

お子様の1歳の誕生日までに県内委託医療機関において無料で乳児検診が受けられます。(受診表の交付全2枚)

乳児検診・乳児相談

出生から1歳までのお子さんを対象に月1回、保健師による身体測定等、乳児相談を実施しています。また小児科医による検診や股脱検診、離乳食相談・ブックスタートなどで健やかな成長をサポートします。

ウッドスタート

日本グッド・トイ委員会が展開する木育に関する行動プラン。平成29年3月那賀町は県内で初めての「ウッドスタート宣言」をして木育活動を進めています。1歳を迎えた際、町産材で作った木のおもちゃが送られます。

乳幼児〜認定こども園

子育て支援センター事業

那賀町地域子育て支援センターは子育て中の親子が一緒に遊べる施設です。子育て相談・講座などを随時開催しています。(施設情報から調べる)

一時預かり事業

家庭で保育している子どもが、保護者の入院、傷病、冠婚葬祭、育児疲れ解消等の理由により保育が必要となる場合に一時的にこども園でお預かりする事業です。

ファミリーサポートセンター事業

子育てを応援してほしい人(依頼会員)、応援したい人(提供会員)が会員となり一時的な子どもの預かりなどの援助活動をする組織です。援助活動の例:こども園の送迎、登園前・降園後の子どもの預かりなど。

認定こども園の保育料負担軽減

第2子目の保育料は半額、第3子目以降は無料となります。

小学校

那賀町を愛する心プロジェクト(小・中学校)

「那賀町」をテーマに弁論大会を実施。郷土愛を育み、視野を広げる機会として、関西方面への研修(小学生参加者)や海外語学研修(中学生優秀者)も行います。

インフルエンザ予防接種費用助成事業

19歳未満までのインフルエンザ予防接種について、1回につき1000円で接種が受けられます。

放課後子ども教室

費用は年間800円の保険料のみ。夏休みも実施しています。学校と地域の方々の参画を得て、校舎や体育館などで子どもたちの放課後の居場所を確保し、特色ある体験・交流活動を実施しています。

中学校

就学援助制度(小・中学校)

経済的な理由によって就学困難な児童・生徒の保護者に対して援助を行い義務教育の円滑な実施を図る制度です。(学用品費・給食費・修学旅行費等)

ひとり親家庭の支援

  • ひとり親家庭などに対し、子どもが18歳まで児童扶養手当を支給します。
  • 親または子どもが入院した場合、保険適用分の入院医療費について、自己負担分を助成します。(子どもが18歳まで)
高等学校

那賀町もんてこい奨学金

卒業後の定住により返還金が還付される有利な奨学金です。高等専門学校(4年生・5年生)・高等学校専攻科(1年生・2年生)高等学校卒業程度以上を入学資格とする専門学校・専修学校・短期大学・大学までが対象。

  • 貸与額:月額5万円
  • 奨学金を滞納無く返還終了後に、下記に該当すれば返還金を還付。

卒業後、町内に住所を有して向こう15年以内につき通算10年以上居住する。

県立那賀高等学校への支援

新しく「森林クリエイト科」も創設され、今後の動向も注目される那賀高校。普通科も1学年80名と小規模ながら毎年国公立大学進学者を輩出し、大規模校に負けない成績を残しています。特色選抜制度(野球・バレー)を設け、運動部の強化にも取り組む同校に対し、町も2つの寮を整備し、運営補助を行うなど町内唯一の高等学校を支援しています。

※寮は学校が運営する若鮎寮のほか町営(運動部用)の那賀菊寮、竜峰寮があります。

  • 通学支援
    • バスの定期購入費の一部補助
    • 通学用自転車購入補助(上限1万円)
  • 豪州セントメアリーズ校交流補助
  • 普通教室エアコン設置補助
  • カヌー部艇庫の新設
  • 快適な寮の整備。運営費補助
  • 学力向上推進事業費補助

このページの
先頭へ