HOMEくらし・教育地域活動・ボランティア【縁むすびの会】グループ紹介

【縁むすびの会】グループ紹介

那賀町 縁むすびの会 私たちは那賀町からの援助で活動しているボランティアグループです。グループ紹介

群生しているアジサイの写真
相生地区のアジサイ

【組織の成り立ち】

平成17年3月1日に5ヶ町村が合併して生まれた那賀町は、過疎化・少子化が進んでいます。
少子化の背景には、価値観や社会の変化等による晩婚化・未婚化が大きな要因と見られ、那賀町内にも独身者があふれていました。
そんな状況の中、合併後の那賀町で、地域のお母さん達が「那賀町に住んで欲しい、幸せなカップルを増やしたい」という一心で設立したのがこの「縁むすびの会」です。
最初は那賀町在住の人が対象でしたが、今では町外問わず、悩める独身者の相談の場となっています。

 

ハートを持った子どものイラスト

【ボランティアだからこそ】

「縁むすびに会」に入会するために必要なこと、それは結婚したい、誰か大事な人を見つけたい、そんな気持ちを持っているということだけです。
入会金も成婚料もいただいておりません。

相談員は特別に訓練を受けた婚活のプロではありません。
ただ、結婚希望者に心から幸せになって欲しいという気持ちだけで、親身になって相談に乗っています。

結婚は自分でするもの、人生は自分でつくるものです。
私たちはそのお手伝いをさせていただくだけです。

 

ハートのイラスト

【相談員(世話人)の紹介】

「縁むすびの会」には那賀町各地区(鷲敷・相生・上那賀・木沢・木頭)すべてに世話人がいます。現在世話人数は全地区あわせて35名です。
「エンゼル相談室」では、この内の役員16名がシフトを組んで相談業務にあたっています。また1~2ヶ月に一度、役員会を開催し、運営や相談についての意見交換を行い、世話人同士の情報交換も欠かさず行っています。
情報の共有ができること、これが私たちの強みでもあります。

 

みなさんに素晴らしい出逢いがありますように。会長:西谷幸子 副会長:連記かよ子 世話人一同

カテゴリー

くらしのガイド

このページの先頭へ